さに丸紀行

日常で思ったこと、くだらない企画や検証など

120時間以上かけて攻略した男による「金ネジキ討伐への道」〜パーティー編成編〜

皆さん、バトルファクトリーやってますでしょうか。

バトルファクトリーとは、ポケモンDP、PT、HGSSのやり込み要素の1つであり、あまりに運要素が強いことなどからポケモン最難関施設なのではとも言われています(僕調べ)。

ぐらぐらブログ HGバトルフロンティアプレイ記その1

 

連勝していくごとに難易度が増していき、21戦目と49戦目に立ちはだかるクソガキボス、ネジキ(特に49戦目の通称「金ネジキ」)を倒すことが1つ目標になっています。

f:id:sunnymal:20200516180045p:plain

 

それをクリアするために日々多くのポケモンユーザーが挑戦しては、急所、技外し、状態異常などに苛まれDSを投げています。

 

僕もその1人でした。負けるたびに「なんやこのクソゲーとも思いましたし、こんなの一生勝てずに時間の無駄になるんじゃないかとも思いました。

 

 

しかし先日、無事金ネジキをぶっ倒し、49連勝を成し遂げることができました。

f:id:sunnymal:20200715214933j:plain

DSの下画面が汚すぎる

 攻略開始から累計120時間ほどかかっていました。

 

僕が勝てたのはただ運が良かったというのもありますが、何百戦もするうちに自分なりのコツや戦法を発見していったことも多少あると思います。

 

なので今回は、僕が個人的に思う攻略への近道のためのコツ、第1弾パーティー編成編を紹介していこうと思います。

 

基本的に5週目(29戦目)以降を想定して、どうやって手持ちのポケモンを選べばいいのか、交換していくべきなのか紹介いていこうと思います。

 

いくつかまとめてあるので、早速見ていきましょう!

 

高速アタッカー2体+高耐久クッション1体

自分が負けるパターンとして、高速アタッカーに全部貫かれるというパターンはとても多いです。


マニューラムウマージプテラ、ゲンガー、スターミー…

 

速くて技範囲も広いこいつらは殴りかかってこられるととても脅威ですが、それは敵にとっても同じこと。

 とにかく「やられる前にやる」ために、基本的に速めのアタッカーを持っておくといいです。

 

 ただ、高速アタッカーは耐久があまり高くない傾向があるので、3体並べると自分より速い相手や、弱点が突けない相手にまとめて貫かれる可能性があります。

そこで、それらの相性不利な相手に受け出せるクッションとして、高耐久、耐性が優秀なポケモンを1体挟んでおくといいと思います。

 

技の一貫を作らない

交代で有利対面を作る時に、できればノーダメージで控えのポケモンを出したいですよね。

そんな時に、格闘弱点+ゴーストタイプ電気弱点+地面タイプなど、初手の弱点を控えが無効にできる並びを作っておくとノーダメージで有利対面が作れます。

 

特に地面技、というか「じしん」は多くの物理ポケモンがサブウェポンで持ってるイメージなので、地面弱点+浮いてるポケモンの並びは決まりやすいのかなと思います。

 

ただ、あいてが拘っている場合や、他に倒せる技を持っている場合は、裏で無効にできない技を打ってくる可能性があるので気をつけましょう。

 

鋼タイプへの打点を持っておく

この時代の鋼タイプは悪、ゴーストへの耐性も持っており、本当に強いです。

例を挙げると、メタグロス弱点2つに対し半減以下が9つと、何かこう許してはいけないようなものを感じます。

メタグロス

持ってる技4つが全部半減されるみたいなことも割とあるので、鋼タイプへの弱点技を持っているポケモンは確保しておきたいですね。

 

鋼タイプは総じて物理耐久が高い(気がする)ので、なるべくタイプ一致か火力アップの持ち物有りで打てる方がいいと思います。

 

特殊打点だとなおいいと思うんですが、特殊格闘(きあいだまはどうだんくらい)とか特殊地面(だいちのちからくらい)とか持ちがレアであんまり確保できないのが…

 

味方にも鋼タイプが1体は欲しい

鋼が強いのは敵に限った話ではありません。

フェアリーがない時代にドラゴン技耐性は貴重ですし、毒分身みたいな害悪型を大体無効化することができます。

 

裏にゴーストや飛行を置いておけば安全に弱点技を受けることができますし、1体は入れ得なんじゃないかなと思います。

 

 実際に僕が金ネジキを倒した時のパーティーがこちらです。

f:id:sunnymal:20200715215303j:plain

しっかり鋼タイプのジバコイルが入っている上に、ジバコイルラティオスが互いの弱点技を全て半減以下で受けられるという相性補完がありますし、「高火力2高耐久1」の構成にもなっていますね。

 

42戦目を突破した時もボーマンダポリゴンZハガネールとかだったので、この傾向はあまり変わっていないように思います。

 

ただ、格闘技がパーティーを通してしんどくなってしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

物理アタッカーを1体入れておく

物理耐久の高い鋼勢や、割と多くいるタスキカウンター勢に強い特殊アタッカーはとても役に立ってくれます。

この時代の特殊技は威力が今より高いものもあり(例:10まんボルト威力95、はどうだん威力90など)、技範囲が優秀なポケモンも多くすごく優秀です。

 

ですが、そんな特殊アタッカーを使う上で気をつけなければいけない存在が1つ…


そう、ピンクの悪魔、ハピナスです。

ハピナス
H255、D135という何がどうなってるのかよく分からないような耐久値をしており、バトルファクトリー界で特攻種族値NO.1フーディンきあいだまを、控えめ(特殊技の威力1.1倍)達人の帯(効果抜群技の威力1.2倍)を持っていても、H振りだけで2発耐え、HD振りだと乱数3発というイカレ具合です。

 

破壊光線すら笑顔で3発は受け止めるこのポケモンは、ゲームフリークからの「争いは何も生まない」というメッセージなのでしょうか。

 

もちろん並大抵の特殊ポケモンでは突破不可であり、一生分身や瞑想の起点にされます。


ということなので、パーティー全員特殊型だと、不意にでてきたハピナスで詰む可能性が常にあります。

対して物理耐久はあまりないので、あの笑顔がトラウマになって夢に出てこないためにも、1体は物理型を入れておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回言ったことはあくまで僕の個人的な意見が主であり、確実にこう!という訳ではないかもしれません。

 

それでも多少は参考になる部分があるんじゃないかなと思うので、金ネジキが倒せず困ってる人は是非参考にしてみてください。

 

今回はパーティー構成編でしたが、近々立ち回り編もあげる予定なので、良かったらそれも見てみてください。

 


それでは、皆さんのご武運をお祈りしています!

 

 

※追記

49連勝して満足した後、

 

「いったいこのまま何連勝までできるだろうか」

 

と思った僕は、前人未到の領域に達するべく8週目、50戦目に挑戦したのですが...

 

 

受付のお姉さん「相手は水タイプを得意としているようです!」

 

僕「ふーん、じゃあ草タイプ電気タイプ2体くらい入れて、ラストは適当に強そうなポケモンでいいかな」

 

ウウィーーーーン

 

受付のお姉さん「この6匹から手持ちの3匹を選んでください!」

 

僕「お、どれどれ...」

 

1体目:ドサイドン水4倍弱点

2体目:カメックス(水に対し有効打無し)

3体目:オニゴーリ(水に対し有効打無し)

4体目: ハガネール水弱点水半減きのみ持ち

5体目:ファイヤー(水弱点日本晴れ+ソーラービーム持ち

6体目:ダイノーズ水弱点

 

僕「...」 

僕「...ま、まあ、こうなったら仕方ない、下3匹で勝負だ!!」

 

たんパンこぞう「えい!(ポケモン×3)」

 

僕「キャー」

 

 

...という悲しい事件が起こってしまいました。

こんなもんただの運ゲーです。